ベトナムでの暮らし

ベトナムでカメラマンに写真をとってもらった話

ベトナムでインターンシップをしていた友人が日本に帰ってしまうときに、「何か記念になることをしよう!」ということでプロのカメラマンに写真をとってもらいました。結果的にお願いして大正解でした!スタジオで自分で選んだベトナムの伝統衣装アオザイを着て、ベトナム風メイクをしてもらい、自分で指定した世界遺産で写真をとってもらうのはものすごくウキウキしました。日本に帰ってからも写真を見てベトナムを感じることのできる良い思い出です。(自分の写真ばかりになってしまいますがご容赦ください・・・!)

ベトナム人の写真文化

ベトナムで住んでいて気付いたのですが、ベトナム人に比べて日本人は写真を撮られ慣れていません!「はい、ポーズ」と言われて揃ってピースをしてしまうのは私だけではないと思います。ベトナム人は違います。誰もがカメラを向けられるとモデルのように自然な表情を浮かべ、様々なポーズをきめてくれます。今回写真撮影をするにあたって、その難しさを実感しました。慣れていないことは難しいです!本当に・・・表情が硬いのが自分でもわかっていましたが、「リラックスして」と言われてもカメラの前でピース以外のポーズができず緊張して困ってしまいました。けれど、カメラマンもさすがプロです。あの手この手で緊張を解してくれました。いくらか慣れてくると、大女優の気分で初めての経験にウキウキした気持ちになってきたのを覚えています!異文化体験ということでも、ベトナムで写真撮影をお願いするのはおすすめです。

ベトナムのフォトスタジオ

ベトナムにはフォトスタジオがたくさんあります。そのほとんどがアオザイや小物を貸し出しているので、旅行中に行きたいときには泊まったホテルの人に近い写真屋さんを聞いてみると良いかもしれません。

私は家に近いThe jovial studioというところにお願いしました。確かアオザイ衣装の貸し出しとメイク込で一人五千円くらいだったと思います。英語でのコミュニケーションが必要です。撮影の一週間前に細かいことの打ち合わせとアオザイを選ぶためにスタジオに行きました。

写真撮影の一日

朝 7:00からスタジオ入り

眠い目を擦りながらスタジオに行き、事前に決めておいたアオザイに着替えフルメイクをしてもらいます。最初は眠くて仕方なかったですが、本格的なメイク道具や鮮やかな衣装に気分は芸能人(笑)どんどんテンションが上がってきました。

また、日本人のメイクとは少し異なるベトナム人風のメイクをしてもらうのは面白かったです。目元ぱっちりで眉毛が濃いめで・・・(写真ではわかりにくいかもしれません💦)自分たちの顔がいつもと違って見えて新鮮でした。いつもよりベトナムに馴染んでいるような気持ちになって嬉しかったです。

撮影場所に移動

写真撮影に人気のスポットはホアンキエム湖やハノイ大教会など旧市街を中心にたくさんあります。私たちはハノイの歴史を感じられる場所がよかったので世界遺産のタンロン遺跡でお願いしました。

一人ずつ写真撮影

冒頭でも書きましたが、自分一人のためにおよそ1時間ほど時間をとって写真を撮ってもらうというのは初めての経験だったので大緊張して臨みました。しかし、ベトナムらしい素敵な景色とメイクとアオザイに囲まれて、カメラマンのリードに導かれながらどんどん自分の緊張が解けていくのを感じました。その時その場所でしか撮れない写真があると思います。機会があるごとにこれからも写真を撮って記録していきたいと思いました。

二人で写真撮影

友達と二人で思いつくままに様々なポーズを試しました。アオザイという衣装は色とりどりで複数だとより、写真映えします。私の知り合いには彼氏とツーショットの写真を撮ってもらう人や、友達グループで写真を撮ってもらう人もいました。大切な人と照れつつも一緒に写真撮影をしたこと自体が思い出になり、そのときの写真を見返す度に蘇ることでしょう。

データ受け取り

撮ってくれた写真は150枚を超えている膨大な量でしたが、後日全てGoogle driveでデータを共有してもらえたのも感激でした。日本での「10枚で一万円」といったような売られ方に慣れていたので、このデータを全てくれるのは太っ腹だと思いました。数週間後には消えてしまうので、データをもらったらすぐに自分の媒体に保存することをおすすめします。

まとめ

思い切ってポージングすると内側から自信が漲ってくるようで不思議な経験でした。私は日本でもフォトスタジオで家族と記念写真を撮ってもらうことがありますが、異国の地で写真を撮ってもらうのはまた一味違って良かったです。カメラマンの声のかけ方といい、ポージングの仕方といい、メイクのやり方一つとってもその場所のものを味合うことでいつもの自分とはまた違う一面を発見できます。

おまけ写真

ベトナム人にとって写真というものは生活の一部なので、どこに行っても「フォトスポット」が充実しています。インスタ映えすること間違いなしです。旅行のときには写真撮影を行程に入れて、また一つ思い出を残してみてはいかがですか?♪

-ベトナムでの暮らし

© 2020 英語プロコーチ MISAKOのFUN英語 Powered by AFFINGER5