英語学習

英語上達のためにはオンライン英会話×短期留学が最強?!短期留学のすすめ

突然ですが皆さんはどのようにして英語学習のモチベーションを保っていますか?英語の勉強はなかなか、短期間で成果が出るものではありません。成果が出るまで継続的な努力が必要で、その途中で諦めてしまうことも少なくありません。

もちろん現地に留学にでも行くのも良いですが、仕事や学校がある中でお金のかかる長期留学ができないときもあると思います。そんなときにおすすめしたいのが、オンライン英会話と短期留学を組み合わせた学習法です。それらを使ってどうやって英語勉強をしたら効果的か考えていきます。

英語上達に必要なこと

大目標〜最終的な姿を思い浮かべる

モチベーション維持に欠かすことができないのが、英語を勉強する目的です。あなたはどうなりたくて英語を勉強していますか。「なりたい姿」が具体的にイメージできている人は、目標が明確なので勉強が上手くいきやすいです。例えば、私の場合は各国の代表者たちとステキなレストランで夕食を共にし、握手して記念写真を撮る姿を思い浮かべると一番やる気が出ます。人によって英語を勉強する目的は違うと思います。職場で英語を使う必要があり勉強している人、趣味で英語を勉強している人・・・目的がどんなものであっても闇雲に勉強するのではなく一歩立ち止まって目標をクリアにすると、次にやるべきことが見えてきて効率的です。

なりたい自分の姿を、一枚の写真として頭の中に浮かべてみてください。キーワードは「具体的に」ということです。誰と一緒にいるのか、何をしているのか、自分はどんな気持ちなのか・・・例えば、職場で外国人のお客さんと流暢にコミュニケーションをとっている自信に満ちた自分の姿。または一人で日本語字幕に頼ることなく洋画観賞を楽しんでいる自分の姿。そうすると、たとえスランプに陥ったとしても心にその一枚の写真を思い浮かべると、「また、少しずつがんばってみよう」と思うことができます。

小目標〜数ヶ月後の目標を思い浮かべる

そうはいっても、なかなかストイックに継続することが苦手な人が多いです。私はそうです(笑)そんなときには大目標の他に、小目標を立てましょう。今の自分の実力を考慮して、数ヶ月頑張れば達成できるものが良いと思います。可能な場合は短期留学がおすすめです。詳しい理由はあとでお話しますが金銭的にも時間的にも長期留学よりも気軽に行けて、尚且つ得るものが大きいからです。

もし難しい場合は無理やり目先の目標を作りましょう。英検やTOEICといった検定試験を受けるのもよし、スピーチ大会や発表会で活躍するのもよし、発想を変えて日本で英語の講演会を聞きにいくのもよしです。要するに大目標に到達するために必要なステップを、スモールステップに分けるということです。数ヶ月後のできそうな目標に向かってならやる気も出てきますよね。

続けやすい英語学習の習慣

Oberholster VenitaによるPixabayからの画像

大切なのはここ、小目標に向けた勉強を毎日の習慣に落とし込んでいくことです。日々忙しい現代人。できるだけ「疲れていても」「楽しくできる」ことを中心に考えると現実的です。最近のおすすめはオンライン英会話です。私は現在、生徒としても講師としても利用しています。理由は自宅にいても安価な値段で気軽に講師と英語でコミュニケーションをとることができるからです。(ちなみに私のレッスンにご興味をお持ちの方はこちらをご覧ください*^^*)オンライン英会話の他には、洋画を見る、洋書を読む、洋楽を聞く、外国人の友達と英語でチャットする、外国人の友達と話す、などがあると思います。語学を週一の勉強で上達させるのは至難の技だと思っています。できることをなんでもやってみて自分に合うものを残す形で、できるだけ毎日英語に触れているようにすることが上達への近道です。

短期留学の魅力

ハワイに2週間、イギリスに2週間、台湾に2週間、短期留学を経験しました。少しだけ短期留学の魅力をご紹介します。

短期間で行くことができる

今は週末に海外旅行が行けてしまう時代です。近場なら頑張れば3日から語学留学ができます。(あくまでも最短での話です。私は少なくとも2週間をおすすめします。)休みが取りにくい社会人でもパッといってこれる短期留学で、刺激を浴びて自分のレベルを試しにいくことができます。

比較的安価で行くことができる

長期留学は数十万から百万円単位でお金がかかります。それに比べると期間が短い分、短期留学は費用が抑えられます。私の意見では、英語力が一定のレベルになるまで(単語を並べてでも英語で自分の意見が伝えられるレベル)は海外に行っただけでは英語は伸びません。むしろ高いお金を払って日本でできる勉強を海外にすることになります。しかし短期留学でなら「言いたいことが伝わらない悔しさ」を感じてすぐ日本に帰り、勉強することができます。得られる経験や、それからのモチベーションを思えば、英語学習において短期留学は費用対効果が大きいと思います。

旅行気分も味わえる

「午前中は語学学校、午後は観光」というように時間を比較的自由に使えるプログラムに参加すれば、旅行と留学どちらも楽しめます。学校で学んだ英語を観光先で使えて、身につきやすいです。行ってみたい国を順番に短期留学しながら巡ってみるのもアリですね。

まとめ

今回ご紹介したのはほんの一例で、思い描いた「なりたい姿」に今の自分の実力を近付けるための方法は無数にあります。学習者の数だけ、その人に合った英語学習の方法があるからです。忙しい中で英語学習に使う時間を少しの工夫で充実したものにするかしないかは自分次第です。たくさんの人のアドバイスを情報として受け入れつつも、その中から自分に合った続けやすいものを取り入れて自分向けにカスタマイズ しましょう♪

-英語学習

© 2020 英語プロコーチ MISAKOのFUN英語 Powered by AFFINGER5