英語学習

大人も充分楽しめる!子供番組で楽しく英語学習〜Michelle PICK 5選 番組紹介編〜

前の記事子供番組が英語学習に向いている理由を考えました。今回は人気の子供番組を紹介します。NetflixやYouTubeで検索すると見ることができます。初心者向けから上級者向けという順番で載せていきます。

Peppa pig ペッパピッグ

ペッパピッグはカートゥーン ネットワークで放送されていた番組です。5歳の子ブタの女の子ペッパと、その弟の1歳半のジョージの日常を描いたイギリス発祥のお話です。イギリス国内だけでなく、中国で一大ブームが起こり、今や世界中で大人気の番組です。日本でも2018年からはオリジナルグッズが販売されています。思わず笑ってしまうほのぼのとしたストーリーに癒されながらだと英語学習もはかどるはずです!

Arthur アーサー

アーサーはアメリカとカナダで4〜8歳向けに作られたアニメです。原作「アーサーのアドベンチャーブック」からアニメ化された、8歳のアーサーとその友達と家族の日常生活を描いたものです。子供向けでありながら、様々な社会問題をわかりやすく扱っています。今やアメリカだけでなく世界中で放送されているロングランの番組です。最近では同性婚が描かれたことが大きな話題となっているようです。

Postcards From Buster バスターからのお手紙

バスターからのお手紙はアーサーのシーズン8として放送されたことがきっかけで人気を集め、後に独立した一つのテレビ番組となった、アーサーの8歳の親友バスターのお話です。アーサーとは異なりこのバスターのお話には実写とアニメの両方の要素があります。パイロットのお父さんの仕事でアメリカから世界中を旅するバスターが、世界の子供たちと出会う様子をビデオカメラで撮影し親友であるアーサーに送ったものを、視聴者はアーサーと一緒に見るという設定です。世界の子供たちの様子や文化をバスターの視点から垣間見ることができ、大人も楽しめる作品です。

Magic School Bus マジックスクールバス

マジックスクールバスはMs. Frizzle ことフリズル先生が、魔法のスクールバスで宇宙や人体の中、恐竜時代と様々な場所へクラスの子供たちを連れて行ってくれるお話です。理科や社会で勉強する内容を実際にフィールドワークを通して学習することができるという、なんとも羨ましい設定です。英語に触れながら理科や社会についても学べてしまいます。出てくる単語も勉強になるので中級者以上におすすめです。

Avatar: The Last Airbender アバター 伝説の少年アン

アバターはエミー賞を受賞したアメリカ発祥の、560万人の視聴者を獲得したこの作品はもはや子供だけでなく大人にも幅広くファンを持つ番組です。格闘技と元素を巧みに操り、アジアをモチーフにした世界が舞台となっているアバター。主人公アンとその仲間たちが火国の王を倒して火の国の王を倒し、平和を取り戻すための旅をします。元気で剽軽者な主人公たちが水、土、火、気の技を使いながら平和を取り戻すために闘う様子は圧巻です。設定がしっかりしておりその世界観にグイグイ引き込まれていきます。

子供番組だから大人は見られないなんてルールはありません。むしろ大人にとっても子供番組には魅力がいっぱいです!童心に帰って、たまには癒されながら子供番組で英語を勉強するのも面白いと思います♪

-英語学習

© 2020 英語プロコーチ MISAKOのFUN英語 Powered by AFFINGER5