ベトナムでの暮らし

海外にいても大丈夫!日本から情報を得る方法3選

「海外に住んでいると入ってくる情報が少なくて頭の回転が遅くなる気がする。」という海外在住の長い先輩先生の言葉が記憶に残っています。確かに、海外にいると日本語の情報は圧倒的に少ないです。英語圏ならまだしも、そうでない場所にいて現地の言葉がペラペラでないときは情報をすぐ仕入れることができず、受験や就職といった様々な面で不利なこともあるのも海外生活の実際です。しかしそれでも一昔前に比べ、最近はかなりできることが増えました。技術を使いこなせばどうかすると日本にいると同じか近いレベルまで情報を受け取ることができます。例えばベトナムに住んでいた頃、筆者の教え子たちは日本の某通信教育をベトナムで受講していましたし、筆者自身も日本のニュースやテレビドラマを見ていました。海外生活を3年経験した筆者がどのようにして日本の情報を得ていたか大公開します。今回はNetflixやYouTubeを使ったやり方とは一味違う方法に絞ってお伝えします。

日本のニュース

Newsアプリ

一番手軽にできる方法はニュースアプリをダウンロードすることです。どんなに忙しい人でもスマートフォンを1日で1回も触らないことはないと思います。コーヒーを沸かしている間、トイレに行っている間、エレベーターを待っている間の一瞬を使ってその日の出来事をチェックすることができます。またウィジェット画面に設定しておけば、アプリを開かなくても待ち受け画面でニュース速報を受け取ることができおすすめです。ニュースアプリには有料のものと無料のものがあります。

オンラインニュース配信

先月存在を知り重宝しているのがこの無料サイト「NHKプラス」です。テレビがなくてもパソコンやスマートフォンがあれば放送がリアルタイムで視聴できます。また放送後1週間以内はこのページでいつでも番組が視聴できます。

このようなライブ配信を行っているテレビ局が多いです。またYouTubeにもそのような番組がいくつかあります。もしも国内でなければ見れない場合もVPN接続を行えば見れるようになれます。リアルタイムというのが嬉しいですね。

電子版新聞

ほとんどのメジャーな新聞会社では紙媒体の新聞紙と全く同じ物をオンラインで販売しています。これを利用すればインターネットさえあれば世界のどこにいても最新のニュース記事を読むことができます。

日本のドラマ番組

見逃し配信

私がやっていたのはこれです!ほとんどのチャンネルでドラマ放送終了から1週間の間ホームページや専用アプリから無料配信してくれています。見たいドラマの放送時間が終わるとすぐにこれらの方法で高画質のドラマ最新話が見れるので、アメリカ留学中にも勉強の息抜きに日本のドラマを視聴していました。海外に行くならぜひ活用をおすすめする方法です。

日本の書籍

多くの本や雑誌で電子書籍化が進んでいます。有名なサービスがアマゾンのKindle Unlimitedサービスです。これは月額980円でアマゾンの指定した電子書籍が読み放題になるという物です。

ただ、この中になかったとしても欲しい本が読めないと諦めてしまうのは待ってください!電子書籍を販売しているのはKindleだけではありません。欲しい本があるときその本の名前と「電子書籍」というキーワードで検索してみるのが良いです。そうすると目当ての本の電子書籍が見つかるかもしれません。見つけたらそのサービスから欲しい電子書籍を購入すれば良いのです。

私はベトナムで教師をしていた頃、最新の日本の教育事情が知りたかったので定期的に教育雑誌を電子書籍として購入していました。パソコンからでもスマートフォンからでもいつでも読めるだけでなく、帰国時の荷物にならない点も気に入っていました。

まとめ

海外にいて日本から離れている間、「意識して日本の情報を仕入れていないと」という気持ちが強かったのを覚えています。日本に帰国したときに浦島太郎状態になってしまうのが怖かったので日本に住んでいるとき以上に日本のニュースに触れる習慣を作っていました。

確かに海外に住んでいると日本語で入ってくる情報量は減ります。しかしその分、日常生活で異文化経験や外国語習得の機会が増えます。個人的には何でも工夫次第でその経験をプラスにすることができると思っています。これを機に英語でも情報を調べる習慣を身につけても良いでしょう。

この情報が誰かの役に立てば嬉しいです。

-ベトナムでの暮らし

© 2020 英語プロコーチ MISAKOのFUN英語 Powered by AFFINGER5